PRODUCT

入浴施設向け塩素剤 スパクリーン

風呂水専用塩素剤「スパクリーン」シリーズは強力な活性塩素(臭素)の作用で風呂水を常に衛生的に保ちます。用途に応じて速溶性タイプ・持続性タイプをお選びください。

公衆浴場における水質基準等に関する指針

浴槽水中の遊離残留塩素濃度は通常0.2~0.4mg/L程度に保ち、かつ最大1mg/Lを超えないように努める事。
浴槽水中の塩素濃度は頻回(1時間、2時間おきなど)に測定し、その記録を3年以上保管する事。

スパクリーン 90TH

速溶性タイプ

速溶性タイプ:ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム

循環路のない浴槽やすばやく塩素濃度を高めたいときに直接投入

風呂水専用塩素剤 スパクリーン 60GS

スパクリーン 90TH

スパクリーン 90TH

速溶性の顆粒剤(ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム)
(有効塩素63%)

◆ 1日の基本使用量(1m3あたり)

専用カップ1杯(約24g)
本剤1gで約0.6mg/Lの遊離塩素が発生します。
※1回で投入すると塩素濃度が高くなりすぎます。複数回に分けて投入してください。
※遊離残留塩素は、薬剤のご使用現場にて実測いただき管理してください。

◆ こんな時に便利

・すぐに塩素濃度を上げたい
・循環配管の高濃度塩素処理
・除藻
・営業開始前の塩素濃度の立ち上げに
・営業終了後、夜間の塩素濃度管理に
・定休日の塩素濃度管理に
・浴槽に直接投入でき、管理が簡単です
・タイルのヌメリ、黒ズミ、汚れ取りにも使用できます
※水10Lに専用カップ1杯分(24g)を溶解して使用してください。

風呂水専用塩素剤 スパクリーン 20TB

スパクリーン 90TH

スパクリーン 90TH

完全溶解性発泡錠剤(ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム)
(有効塩素20%)

◆ 1日の基本使用量(1m3あたり)

1錠(約15g)
本剤1錠で約4mg/Lの遊離塩素が発生します。
※1回で投入すると塩素濃度が高くなりすぎます。複数回に分けて投入してください。
※遊離残留塩素は、薬剤のご使用現場にて実測いただき管理してください。

◆ こんな時に便利

・すぐに塩素濃度を上げたい
・循環配管の高濃度塩素処理
・水風呂や小さな浴槽での使用に適しています
・錠剤で直接浴槽に投入できますので手間がかかりません

持続性タイプ

持続性タイプ:トリクロロイソシアヌル酸

塩素自動供給器(クロリネーターSKC-20型)を設置し継続的に塩素管理

風呂水専用塩素剤 スパクリーン90TH(クロリネーター専用薬剤)

スパクリーン 90TH

スパクリーン 90TH

徐溶性錠剤(トリクロロイソシアヌル酸)
(有効塩素90%)

◆ 1日の基本使用量(1m3あたり)

1錠(約15g)
※遊離残留塩素は、薬剤のご使用現場にて実測いただき管理して下さい。

※クロリネーター専用薬剤です。

◆ こんな時に便利

・塩素濃度を楽に保ちたい
・クロリネーターに1日1回の供給で管理ができ、手間がかかりません
・薬剤の有効塩素量が高いため、使用量が少なく、経済的です

クロリネーター(供給器)

差圧式塩素自動供給システム「クロリネーター」とは

クロリネーター(供給器)

シンプルな構造で簡単管理ろ過水圧を利用した、動力いらずの塩素供給システムです。pH調整器ペーハーアジャスターとの組み合わせでpH管理が容易になります。

◆ 学校プールやお風呂に最適

水圧を利用した噴流式ですので、特別な動力を必要としません。また、軽量小型で場所をとらないコンパクト設計です。

◆ 簡単なメンテナンス

接液部に金属材料を一切使用しておりませんので、耐久性に優れ、腐食やさびの発生がありません。また、故障の原因になり易い駆動機械類を使用していません。

◆ 塩素管理の省力化

薬剤容器は耐圧ガラスでできており、薬剤量、流動状態が一目で分かります。操作が簡単なので1日1~2回の薬剤投入時を除き人手を必要としません。

クロリネーター&スパクリーン VS 定量薬注ポンプ&次亜塩素酸ナトリウム

クロリネーター&スパクリーン(固形塩素剤)

定量薬注ポンプ&次亜塩素酸ナトリウム(液体)

電気工事動力

不要

必要

設置スペース

コンパクト設計

滅菌器および薬液タンク設置

耐腐食性

金属不使用で錆腐食発生なし

モーターポンプは次亜液で腐食され易い

維持費

動力なしのため安い

ポンプ修理、ダイヤフラムなど消耗品が必要

作業性

溶解槽が耐圧ガラスのため薬剤残量がひとめでわかる。注入口での詰まりなし。

空気(ガス)が入ると薬液が送出できなくなる。注入口での詰まり多い。

薬剤の保管

保管スペースは広くとらない。塩素臭はしない。

保管スペース確保の必要あり。塩素臭が激しい。

薬剤の取り扱い

包装がコンパクトで取り扱いが簡便。衣服・皮膚などを侵さない。

薬液が重く取り扱いが不便。腐食性が強く衣服に穴が開いたり皮膚などを侵す。

pagetop